激変させるための5つの条件

あなたにとっての「夢の国」を探す前に、
最初に考えないといけないことがあります。
いったい何だと思いますか???



それは、あなたが「夢の国」へ行って、
やりたいことは何なのか?

 

そう、 「目的」を明確に持つこと です。
「どこか外国に行って暮らしてみたい!」
そう思ったとしても、
のんびり、ゆったり気分で暮らせるのは1週間が良いところ。

 

何も目的がなければ、どこで暮らしても
案外つまらないものとなります。

 

激変させるための5つの条件

 

「目的」は人によって様々ですから、
”英語やその他外国語の勉強をする”もよし、
”ゴルフ三昧の生活をする”もよし、
”その国の料理を覚える”もよし、
ひとりなら、
”彼女(彼氏)を見つける”のも良いじゃないですか!

 

まず「夢の国」へ行って何をするのか、
あなたの「目的」を決めてから行動に移すようにしましょう。

 

そして、「目的」が定まりましたら、
いよいよ、あなたの「夢の国」探しです。

治安の良いところ

冒険旅行なら話は別ですが、
この情報社会に生きつつ、大した情報を持たずに行動をすると、
思いもよらぬ出来事に遭遇してしまうかも知れません。

 

物静かな街でも、日が暮れると様相が一変して
とんでもない場所に変貌する場所も存在します。

 

以前、ぼくが暮らしていたカナダのバンクーバーで
私が実際に体験した話ですが、安宿が紹介されたガイドブックを
片手に、それに載っていた空港からバスを使ってのアクセス方法
だけが頼りで、右も左も分からないまま、バックパック1つで
あるバス停で下車をしました。

 

後は歩きながら1軒1軒条件を聞きながら決めた宿は、
1週間借りて80ドルという、当時のレートで1日あたり
1200円くらいのホテルでした。

 

「超安いじゃん!^^」
と喜んだのも束の間、夜になると、、、

 

そこは1階がライブハウスとなり、夜遅くまでハードなロックが
響き渡り、そこに集まる輩たちは、
それはそれは怪しく、とっても危険な香りが漂う
人たちばかりなのでした。

 

しかも、、、
薄汚れたベッドの脇にはゴキブリが這い、
窓に掛かる赤いカーテンには外からの明かりを通して、
ネズミが這うシルエットが浮かび上がっていました。

 

続きはまだあります。
吐きそうになりながら、フロアの共同トイレに行ってみると、
シャワーと一体型になったそこは、表現のしようのないほどの
不潔さで気絶寸前となりました。

 

激変させるための5つの条件

 

極め付けは同じフロアに滞在しているらしき隣人たち。
小柄で怪しい車椅子の男と、その脇にいる相棒のような小汚い
男。そして、この街を牛耳っているというドラッグを売る男が、
真夜中にぼくの部屋へやってきました。

 

翌朝、近くのダイナーで朝食をしに行った際、
そこで働くおばさんから、
「この辺りは一番治安が悪いからすぐ出て行ったほうが良い。」

 

と教えてもらい、1週間後にそこを立ち去ることにしました。
(お金がなかったので1週間我慢したのでした。)
これは一つの例ですが、
せっかく「夢の国」を求めて移り住んだ場所が
こんなところだと、夜もおちおち寝ていられないので、
安心して暮らすことなんて出来るはずもないですよね。

 

激変させるための5つの条件

 

一大決心をして日本を離れたにもかかわらず、
早々に日本に戻ることになるかも知れませんので、
殺人、強盗、恐喝、窃盗などの事件が少ない場所選びはとても
大切な条件となりますので、よく頭に入れておきましょう。

気候が温暖なところ

若者なら話は別ですが、ある程度年齢を重ねると、
やはり温暖な場所がいいはずです。
湿度が低く、カラッとして暖かい場所で過ごすのは
とても快適で気持ちが良いものです。

 

実際、健康を考えた上でも良いわけで、
一年中、初夏のような場所が最高ですね。
冬にはマイナス20度にもなるカナダ・トロントに暮らしたこと
もありますが、寿命を縮める原因となるかもしれませんので
やはりあまり寒い場所はオススメできません。

 

激変させるための5つの条件

 

しかし、6月ごろの気候で言えば、
とても気持ちがよく、快適に暮らすことができました。
大橋巨泉さんのように、数ヶ月単位で住む場所を変えることが
できるような富裕層の方には、季節によってはオススメができる
場所(国)なのかもしれませんね。

物価が安いところ

基本的にリタイアしたあと、収入が年金のみになるわけで、
そんな中での海外移住ですから、
お金持ちでない限り、なるべく物価の安いところを選択する必要
があるのは当然と言えるのではないでしょうか。

 

また、日本よりも物価の高い場所への移住は、
このレポートでは論外です。

 

苦労をせずとも物価が安いため、今までと同等、またはそれ以上
の暮らしができるということに意味がありますので、
そういった視点でもって
移住先を探していくことはとても重要になります。

 

激変させるための5つの条件

 

日本に居てもそうですが、住居に掛かる費用(家賃)や食費が
出費の大半を占めるはずです。

 

海外でもそれは同じですので、それらが安くできる場所を選ぶこ
とが長期滞在をする際には重要なポイントとなることは
お判りいただけるでしょう。

医療に安心できるところ

「自分は健康には自信がある。」と思っていても、
思いがけずに病気になってしまったり、
ケガをすることだってあるわけです。

 

そんな時に病院に行って、自分の症状を説明できないと
とても不安になるものですよね。

 

自分が簡単な英語が話せたり、相手にも通じれば
多少違いますが、
やはり日本語の通じる医者がいると絶対的な安心感があります。

 

場所によっては、日本語が通じるところもありますので、
できれば、そのような場所を選び安心できる暮らしを
したいものですね。

食べものが美味しいところ

ぼくは個人的に、この点を重要視します。
もちろん食べ物には好き嫌いがありますので、一概に、
「この国の料理は最高!」とオススメできませんが、
自分が食べて美味しく感じない料理を日常食としている場所で
は、長期滞在をする上では不安を拭えません。

 

また、日本人にとっては日本食で体が作られてきていますので、
お米を主食とすることが体のためには良いと思います。
日本食を食べるために、現地でも自炊すれば良いのですが、
その時もお米が安く手に入る場所でないと、
なかなかそういう訳にもいきません。

 

食べ物が美味しく食べられるって、
本当に幸せな気分になりますよね。。。

 

あと、東南アジアでは自炊するより、外食の方が
安上がりだったりします。
料理するのが面倒な人にはピッタリではないですか?

+アルファするとしたら

これまでの「5つの条件」に、+アルファするならば、、、
ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

 

1)英語が通じるか?
日本語が通じ無くとも、我々は中学から多少なりと、
英語を勉強してきたはずです。

 

ですから、「英語が話せない」という人も、
実は結構な数の単語や語彙をすでに知っています。
ですから、単語を繋げただけの幼稚な英語でも、
コミュニケーションはとれるもの。

 

しかし、場所によっては(人によって?)、
全く英語が通じない場合もあります。
タクシーに乗った時なんかも、言葉が通じないで
困ったことがたくさんありました。

 

2)そこに暮らす人々が親切であるか?
中には日本人ということで嫌悪感を抱かれたり、
差別を受ける場合もあると思います。

 

その他の環境が良くても、そんな場所では長期で
暮らしていける訳はありませんよね。

 

3)長期滞在ができるビザが存在するか?
一ヶ所に6ヶ月以上の期間を長期滞在するつもりなら、
”退職者ビザ”など長期滞在ができるビザが存在する国なのか
どうかが肝心です。

 

4)日本から直行便で10時間以内の場所か?
先述した”医療が安心できるか?”に加えて、
万一、重篤な病気になってしまった場合、
医療設備やドクターが信頼できる環境だとしても、
やはり日本語での説明を聞きたいと思いませんか?

 

このような場合を想定すると、日本との距離も
重要となってきます。

最後にお伝えしたいこと

多くの年金受給者がリタイア後の移住先に選ぶ場所がこちら
●オーストラリア・ゴールドコースト
●インドネシア・バリ
●マレーシア・ペナン
●タイ・チェンマイ
  ●アメリカ・ハワイ
同じ場所であっても、その人たちの暮らし方によって、
1ヶ月に必要な費用は異なります。
最初にお伝えしたように、
海外に行っていったい何を目的とするのか?

 

「ビーチリゾートでのんびりする」というような目的では、
1ヶ月もしたら十分にヒマを持て余すようになります。
毎日が日曜日の生活は忙しい毎日があってこそ憧れますが、
いざ、そのような状況になると、”やることがない”ことが
苦痛になってくるでしょう。

 

どのような暮らしをしたいのかをきちんと整理した上で
渡航に向けての準備を進めましょう。

 

また、長期滞在先を決定するには、
候補先への中期滞在(1ヶ月間程度)をして、
そこの環境を体感することをオススメします。

お気に入り

私がペニス増大サプリメントを飲む前は、なんの取り得も無くまったく自信なんてなかったので女性にモテる事どころか会社や世間の人ともうまくコミュニケーションさえとれなかったんです!精力サプリなんですが、当初からふんでた通り1か月間も様子見してもしょうがないですね。 それに健康的効果は上昇していくかもしれませんが、精力的効果はアップしないので。 健康になった結果精力剤というか、増大系のサプリメントを試してみたわけです。